60歳以上の薬剤師が採用されやすい求人を選ぶにはどうすれば良いか

薬剤師1

60歳以上の薬剤師が仕事探しをする場合には、年齢が大きなハンデとなって希望条件に合うところがなかなか見つからなかったり、前の職場よりも給料が低くなったりすることがあります。そのため、長年の実務経験を生かして高待遇で働きたい人は、ベテランの薬剤師を歓迎している病院やドラッグストアなどの求人を優先的にチェックしたり、シニアの求職者へのサポートに力を入れている人材紹介会社を頼ったりすると良いでしょう。

就職活動中にシニアの薬剤師が活躍している現場を見学してみよう

60歳以上の薬剤師が自分の経歴や能力を活かせる職場を見つけるには、就職中にシニアのスタッフが活躍している医療や介護などの現場を実際に見学することが大切です。特に、人手不足が慢性化している医療機関や老人ホームなどでは、年齢にかかわらず求職希望の薬剤師の職場見学を歓迎しているところも多くあります。

そこで、各地の事業所の求人票に目を通して、少しでも仕事内容に興味を持った時は、ためらわずに求人担当者に問い合わせをしてみましょう。最近では、シニアの薬剤師の人材活用を積極的に行なうため、60歳以上のスタッフのキャリア支援の方法について検討したり、業務の合間に個々のスタッフの希望に合った研修の機会を用意したりしている現場も増えています。

一般的に、シニアの薬剤師は、若手と比べて体力的な理由で夜勤や早朝などの勤務を担当するのが難しいことがあります。そのため、同じ職場で長く働きたい人は、採用後に勤務時間を柔軟に選べる求人を優先的に探すことが有効です。

なお、職場内のスタッフの人数が少ない事業所においては、職場見学が可能な曜日や時間帯などが限定されることもあるため、余裕を持って担当者と見学の日時について打ち合わせをすることが肝心です。

実務経験者をターゲットとした求人がたくさん掲載されている転職サイトを使おう

実務経験者をターゲットとした薬剤師の転職サイトは、60歳以上の人も年齢の面でハンデを感じることなく求人応募ができるところが少なくありません。サイトによっては、登録したプロフィールの希望条件に合致する求人をメールで紹介してくれたり、シニアの求職者の専用の相談窓口を設けたりしているところもあります。

そうした中、短期間のうちに条件が良い職場に就職をするうえで、同じ年代の薬剤師から支持されているサイトの求人数や具体的なサポートの内容などをきちんと比較することがおすすめです。最近では、60歳以上の求職者の内定率を公開したり、書類選考や面接対策のコツを教えたりしているサイトも登場しており、転職の経験が少ない人も安心して就職活動に挑戦しやすくなっています。

数ある薬剤師の専門の転職サイトの中でも、求人応募から内定が出るまでのスピードが速いところは、様々な立場の求職者の間で人気が高まっています。その他、大学病院や公立病院などで長年にわたり調剤業務を担当したことがある人は、転職サイトを通じて職場選びをすることで、恵まれた条件で転職できる可能性が高まるため、早いうちに準備を始めましょう。

医療関係の就職事情に詳しいアドバイザーがいる人材紹介会社を頼りにしよう

60歳以上の薬剤師が好条件の職場で働きたい場合は、自分で転職サイトや情報誌などを使って求人探しをするよりも、初めから人材紹介会社にサポートを受ける方が良いケースもあります。医療関係の就職事情に詳しいアドバイザーがいる人材紹介会社では、一度現場を離れた人や、再就職への意欲が高い人を対象に様々な形でフォローを行っているところが目立ちます。

そのため、就職活動の手間を省きたい人は、それぞれの人材紹介会社の過去の就職サポートの実績や、求職者の口コミなどを参考にしながら、理想的な会社にお世話になることがおすすめです。最近では、対面だけでなくメールや電話でもアドバイザーに就職相談ができるところや、求人応募の際の適職診断や性格診断に対応しているところが多くあります。

また、都市部においては、一定の条件を満たす求職者の採用面接に同行したり、先方の採用担当者と給料をはじめとする労働条件の交渉をしてくれたりする人材紹介会社が増えています。なお、アドバイザーの対応が優れている人材紹介会社は、時期によって登録ができるまでに時間が掛かったり、希望の担当者の指名ができなかったりすることもあるため注意を払うことが大切です。

週に数回程度の短時間勤務が可能なドラッグストアも検討しよう

街中にあるドラッグストアでは、医薬品の対面販売を強化するため、週に数回の短時間勤務ができるパートの薬剤師を募集しているところが目立ちます。こうした職場は、医療機関や介護施設などと比べると専門知識が必要となる機会があまり多くなく、60歳以上で数年のブランクがある人やスキルに自身が無い人も無理なく働けるといった利点があります。

ドラッグストアの薬剤師の仕事内容は幅広く、店舗によっては調剤だけでなく商品の陳列、レジ打ちなど様々な業務を任されることがあります。そうした中、薬剤師として少しでも専門的な業務を担当したい人は、各地のドラッグストアの店内の採用後の薬剤師の役割について、求人探しの段階からしっかりと確認しておくことが大事です。

再就職者への教育制度が整っている病院もおすすめ

総合病院や公立病院など再就職者への教育制度が整っている病院においては、60歳以上の薬剤師も採用後に自分の得意な分野や専門性を生かして働きやすくなっています。病院によっては、日々の業務を着実にこなせるよう、勤務開始前に集合研修と個別研修を組み合わせて、一人ひとりの薬剤師のキャリアや能力に応じて教育を行っているところもあります。

また、定年制を撤廃している病院の中には、60歳を超えて現役でフルタイムで働けるよう、配属先や主な仕事内容を比較的自由に選択できるようにしているところも少なくありません。なお、大病院の病棟を職場に選ぶ場合には、60歳以上の薬剤師も他のスタッフと同様に夜勤や宿直を担当しなければならないこともあります。

そこで、様々な理由で夜間の業務をこなすのが難しいという人は、採用面接の時に人事担当者や各現場の責任者に相談をしたり、日中勤務が中心となる外来や調剤薬局の仕事を選んだりすることがおすすめです。

60歳以上の薬剤師が就職先を探す際の注意点

薬剤師10

60歳以上の薬剤師が自分のキャリアに合った就職先を探すには、転職サイトや人材紹介会社などを利用して、ベテランを積極的に受け入れているところや、定年制がなく長期にわたり働けるところを選ぶことが肝心です。また、週に数回のパート勤務をしたい人は、医療現場や介護現場だけでなく、ドラッグストアの求人にも目を通しておくと良いでしょう。