薬剤師が日曜日に働ける求人と日曜日を休日にできる求人の違い

薬剤師10

どのようなライフスタイルにしたいかによって何曜日に仕事をするのが良いかは異なるでしょう。日曜日に働きたい人もいれば日曜日は必ず休みにしたい人もいます。薬剤師の場合には日曜日の勤務についてどのような状況があるのでしょうか。

日曜日勤務の有無に関する求人の違いについて紹介するので仕事探しの参考にしてください。

日曜日勤務がしばしばある代表的な職場

日曜日は毎週ではなくても月に何回かは勤務することになる職場として典型的なのがドラッグストアや調剤併設型の販売店と病院などの医療施設です。販売店では一般消費者の便宜を図って土日祝日も休まず営業をしていることが多く、その現場で調剤や医薬品の管理が必要になると薬剤師が現場に常駐しなければなりません。

そのため、日曜日が休業日となっていない限りは月に数回は勤務することになるのが一般的です。ドラッグストアだけでなくコンビニや家電量販店などでも医薬品を取り扱うようになってきたことから、職場の種類は豊富にあります。

どのくらい日曜日に出勤するかも職場によって違うので確認が必要です。病院などの医療施設では外来患者については平日と土曜日の午前中のみ受け付けていることが多いですが、入院患者がいると日曜日にも調剤が必要になる可能性があります。

また、急患を受け付けている病院の場合には周りの調剤薬局も閉まっているので院内処方箋に対応できるように薬剤師を常駐させるのが一般的です。そのため、日曜日の出勤も必要になる現場がほとんどになっています。日曜日は業務量が少なくて済む場合が多いものの、人も少ないのでたまたま急患が多いと対応に追われることもあります。

介護老人保健施設などでも薬剤師の常駐をしている現場もあるので入所施設の場合には日曜日にも働く必要が生じやすいと考えましょう。

日曜日が基本的に休みの職場

薬剤師15

薬剤師の求人の中で基本的に日曜日が休みになっているのは製薬企業や学校、行政です。企業では製薬企業に限らず日曜日は少なくとも休みにする傾向がありますが、特に大手が大半を占めている製薬企業では完全週休二日制で土日が休みという場合がほとんどです。

開発職や研究職、MR職やMSL職、薬事担当などの色々な選択があり、どの場合にも原則は土日は休みになっています。業務の都合で日曜日に出勤する必要が生じることは研究職の場合にはあり得ますが、他の場合には臨床試験を行っている最中でモニタリングが必要というような急務の状況がない限りは法定休日である日曜日の休みは確保されるのが通例です。

一方、学校でも薬剤師を置くことが求められるようになりました。学校は土日は休みになるので完全に日曜日は働く必要がありません。行政では厚生労働省などで働いている薬剤師がいて、書類の審査をしたり、各種法改正などの協議などに参加したり、検査などを行ったりする業務などを行っています。

市民活動への参加のために日曜日に働くといったことはないわけではありませんが、基本的には土日は休みになります。

休業日によって日曜日の仕事の有無が違う職場

調剤薬局は薬剤師の職場として最も人気がありますが、日曜日に仕事があるかどうかは職場によってかなり違いがあります。一般的な傾向としては日曜日は休みになっているものの、現場によっては日曜日はほぼ毎週働かなければならない場合もあるのは確かです。

これは休業日の設定が現場によって違っていて、休業日は仕事が休みという単純な紐づけになっていることが多いからです。門前薬局では病院やクリニックの営業日や営業時間に準じているのが一般的なっています。クリニックの中には日曜日も営業しているところもあるため、その門前薬局の場合には日曜日にも働くことになりがちです。

日曜日だけ働ける求人とは

薬剤師12

日曜日だけ働きたいという人もいますが、薬剤師が資格を生かして働ける求人の中には日曜日のみ出勤という待遇のものはあるのでしょうか。現実的には日曜日だけでは難しく、他の日にも働かなければなりません。パートの場合には週に二日か三日から働ける求人もあるので、土日だけ働くなどといったことは可能です。

ただ、正社員の場合にはこのような待遇もなく、週四日以上は働く必要がある場合がほとんどです。一方、派遣であれば日曜日だけ働ける可能性もないわけではありません。たまたま見つけられればスポット的に日曜日に勤務できます。

ただ、毎週日曜日に必ず働けるわけではないので注意しましょう。

交渉することも重要になる

日曜日に働きたい人も働きたくない人も交渉が重要ということは念頭に置いておきましょう。求人を見てみると土日祝日は休みとなっていても、その就職先では実際には日曜日に働いている人もいる場合があります。日曜日には働かなくて良いという待遇で求人広告を出すことにより、日曜日は休みたいという人からも応募してもらえる可能性が上がると期待していることも多いのです。

そのため、日曜日にも出勤できることを伝えると喜んでもらえる場合もあります。逆についても同様で、日曜日の出勤が勤務条件になっている場合でも日曜日は外して働きたいと希望することが可能です。それでも平日に働く戦力として雇いたいと思ってもらえれば採用してくれるでしょう。

ただし、一般的には日曜日は休みにしたいと考える傾向があります。つまり、交渉をするときに日曜出勤をしたいという言い方をすると奇妙に思われてしまいがちなので注意しましょう。日曜日にも働けるので対応可能という話をすれば特に詮索を受けることはありませんが、希望した場合には理由を聞かれることになります。

家庭の事情であれば問題はありませんが、医療現場の仕事のように日曜日なら楽だからなどといった下心がある場合にはうまく理由を付けられるようにしておきましょう。日曜日に働けない場合にも将来的には働けるようになる可能性があるかをよく聞かれるので、スムーズに対応できるように準備しておくのが賢明です。

日曜日の勤務についてよく考えよう

薬剤師の働く現場では日曜日にも業務が必要になるところが多く、職場の選び方によって日曜日にどのくらい働くことになるかが大きく異なります。自分なりに日曜日の勤務をどうしたいかをよく考えてから求人を選ぶようにしましょう。

希望がしっかりと決まっているなら、職場と交渉して日曜日の勤務の調整をしておくのも大切です。

参考サイト>APOPLUS薬剤師:薬剤師 求人http://www.apo-mjob.com/list/tokyo